• hoka

加藤数物のイベント

更新日:2021年9月24日

こんにちは!hokaです!

ここ最近は本格的に暑くなったと思ったら大雨でどんよりそして残暑で汗だく。身体が追い付かない毎日( ;∀;)しかし、この天気にも負けない元気な子供たちを見ていると、負けてられん!という気合いでお盆休みから明けパワー全開なhokaでお送りします!


ということで、今回は元気一杯な子供たちが参加してくれたここ最近開催した自社のワークショップについて紹介したいと思います。


ワークショップ


豊川市の生涯学習プログラムの取り組みで2日間でワークショップを行いました!

コロナ禍ということもあり、感染対策を万全にした状態で実行できる運びとなりました。

私にとっては初めてのワークショップでしたので、先輩二人(深見さん・山下さん)が進行役として私はアシスタント役でした。


1日目は大人と子供を合わせて10組が参加してくれました。

2日目同様に20組が参加してくれました!

どちらも満員で感謝・驚きです!


「ワークショップの内容は前々回記事に記載したアルミのスプーンに自分の名前を刻印し、オリジナルスプーンの製作です。{※こちらをご覧ください}



子供たちは職人のような目つきでスプーンのどこを叩けば自分の理想のmyスプーンになるのか向き合っていました。また子供だけでなく、途中から親御さんにも職人魂に火が付き代わり番子に夢中になって木槌で叩いている姿が印象的でした。そこもまた、親子一緒になって作れるこのスプーン作りの魅力だと思いますね( *´艸`)




終了後になっても「スプーンをもっと深くしたいのですが・・」という質問に私たちも全力でお答えしてアドバイス!延長して自分が求めるスプーンを作ってください(*^▽^*)

たくさん悩んでたくさん叩くと凹凸の波がそれだけ出て、それがまた表現の味になる。私は綺麗な形のスプーンというより理想のスプーンを目指して作っていただけると幸いです。なぜなら、それが世界で一つにしかない自分だけのスプーンになるためのワークショップだと思うからです。


ものづくりを通して経験と思い出を


お客様のなかには「二回目なのですが、子供たちがスプーンをまた作りたいと言って来ました(^^)」という方もいました。その言葉を聞き、きっと前回のスプーン作りでは楽しくスプーンが作れたんだろうなと思いました。その子供たちのスプーンの形はすくう部分が深くレンゲのような可愛いスプーンを作っていました( *´艸`)

私には無い発想だったので驚きです!




参加された皆さんそれぞれが自分のスプーンを作り満足するまで制作していました!

私はものづくりで学んだ経験とともに楽しい思い出が物には宿ると思います!

私たち加藤数物でぜひそんな品を作ってみてください(*^▽^*)


現在、なかなか開催が難しい状況ですが、少しずつではありますが感染対策をして皆さまが楽しめる場を提供できるよう準備しております!


※今のところ9月末と10月にもワークショップの開催を予定しておりますが、状況により変更がありますので、加藤数物InstagramやSNSでご確認ください(; ・`д・´)

Instagram

facebook

Twitter

閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示