加藤数物は私にとって
​大切な居場所です

1971年入社

​かわの

​―入社のきっかけを教えてください

パートで入社したのがキッカケでした。当時は子育て中でしたが、現在ほど女性が働くことに対して世間が積極的ではなかったので、仕事探しに苦労しました。その中で加藤数物に採用していただきました。

 

子育てが一段落したころタイミングで正社員に切り替えて頂きました。かれこれ入社して30年が経とうとしています。

​―具体的な仕事内容について教えてください

私は主に生産管理業務を行っています。仕入先との納期管理、材料の注文、生産計画、人員配置などを行っています。製造工程全体を見渡し、余剰在庫や納期遅れが発生しないようにする司令塔的な役割を担っています。

 

加藤数物は製造する部品数も多いため、日によってやることが変わります。そのため、誰がなにをやっているかや作業が滞っていないかなどの確認を細かく行うことが大切です。

―お休みの日は何をされていますか?

美味しいものを食べに出かけたり、のんびり過ごしています。特に山も近いので、秋の紅葉や冬の雪景色は本当に見事です。

―職場の雰囲気はいかがですか?

家族のように仲がいいですね。就業中はみんな黙々と作業していますが、誰かが困っていたら手を差し伸べるのが、加藤数物の良いところです。
 

仕事以外にも忘年会・新年会・登山・バーベキューといったイベントも行っており、積極的にコミュニケーションを図っています。

―やりがいを感じる瞬間はありますか?

計画どおり作業が進むととても達成感を味わうことができます。どのような製品であっても一人で作ることはできません。お互いを気遣ったりサポートし合うことでチームワークが発揮されますし、納期に間に合えばみんなでやり遂げたという一体感を感じることができます。

―仕事で大変に感じることはありますか?

製造の仕事なので、当然手が汚れます。それと工場内は暑かったり、寒かったりしますので体温調整が大変ですね。また繁忙期は製造がフル稼働なのでとにかく忙しいです。

 

作業が滞っているときは私もリフトに乗って作業を行っています。ただ、こうした大変な時期をみんなで乗り越えられると一体感がさらに強くなると感じています。

―加藤数物で働いて良かったことは何ですか?

30年間病気もせずに健康で居続けられたことですね。もちろんこれまでに色々な出来事はありましたが、加藤数物は私にとって大切な居場所です。今まで転職を考えたこともないので、毎日やりがいを感じながら働かせて頂いています。

―今後の目標を教えてください

身体の健康が続く限り働くことです!
「もういらない」と言われるまで頑張ります(笑)

―どのような方が加藤数物に向いていると思いますか?

基本的なことですが「挨拶」がしっかりできる人ですね。明るく「おはようございます」と言われれば気持ちが良いですし、何かをアドバイスしたときに「ありがとうございます」と言われれば教えてよかったなと感じるものです。

 

技術やスキルは後から身につくので、まずは明るい挨拶を心がけてほしいと思います。

​私たちと一緒にはたらきませんか?