​一人ひとりに向き合ってくれる温かい職場です

2015年入社

​ふかみ

​―入社のきっかけを教えてください

前職では派遣社員としてカーエアコンの部品製造を行っていました。その前も他の派遣会社で部品製造を行っていたので、ずっと製造業に携わっています。

加藤数物の仕事は派遣社員として紹介されたのがキッカケでした。その後、数カ月経った頃に正社員に切り替えて頂きました。派遣時代から、周りの正社員の方と同じように接してもらえたのでとても居心地が良かったことを覚えています。

 

私自身も「ずっとここで働けたらいいな」と心の中では思っていたので、社員登用の話を頂けたときはとても嬉しかったですね。

​―具体的な仕事内容について教えてください

現在はプレス加工オペレーターとして働いています。プレス作業を自動で行う「自動機」で作られた部品を箱ごとに分けるという作業です。その他にもプレス機械に金型と呼ばれる工具を設置して、鉄・ステンレス・アルミなどに力を加えて加工していきます。

1日の仕事の流れとしては、7時50分から体操と朝礼が行われます。朝礼では、その日の作業内容を全員で確認し合います。自分の作業だけではなく全体の流れを把握することで、仕事に対する責任感が芽生えますね。

朝礼が終わるとそれぞれの持ち場で作業に移っていきます。就業時間は8時〜17時で、お昼と午後に休憩があります
 

基本的には17時で終業となりますが、納期が迫っているときは残業もあります。特に繁忙期は残業が続くこともありますね。だいたい30分〜1時間程度で多いときでも1日2時間程度です。ただし現在(2020年)はコロナウイルスの影響で、ほぼ定時上がりですね。

―お休みの日は何をされていますか?

ゲームセンターが好きなので、そこに行くことが多いですね。元々地元なので、のんびり過ごしています。

―職場の雰囲気はいかがですか?

とても温かい人ばかりです。今までの仕事でここまで優しく接してもらったことがないと感じるほど、いい人ばかりです。


スタッフは15名ほどで、ブラジル人・ベトナム人といった技能実習生も在籍しています。みんな若いですが、素直で仕事熱心ですね。

―やりがいを感じる瞬間はありますか?

教育係を任されていますが、自分が教えたことでどんどん成長していく姿を見るのがとても嬉しいですね。加藤数物で働く人はみなさん教え上手で、世話好きな方ばかりです。そうした方々と働く内に、私も教えることが好きになりました。

―仕事で大変に感じることはありますか?

繁忙期など忙しい時は次々に注文がくるので、部品に合わせて機械の段取りをするのが大変ですね。
加藤数物で製造している部品は100種類以上あるため、入社した頃は部品ごとの金型をセットしたり加工の手順を覚えるだけでも精一杯でした。

仕上がりに変形があったり、セットする金型を誤るといったミスをしたことも何度もありました。もちろん作業中は危険も伴うため、作業手順の見逃しがあった場合などは、注意されることはありますが、怒られることは滅多にありません。わかるようになるまで、先輩が付きっきりで教えてくれたのがありがたかったですね。

―加藤数物で働いて良かったことは何ですか?

みなさん面倒見が良いところです。一つひとつの作業をわかりやすく丁寧に教えてくれるので、安心して作業に取り掛かることができます。

―今後の目標を教えてください

今後色々な方が入社してくると思うので、これからも自分が教える立場として頑張って行きたいと思います。そして、僕のことをどんどん抜いていってほしいと思います!自分自身は定年までコツコツ働くことが目標です。

―どのような方が加藤数物に向いていると思いますか?

ものづくりの会社なので、手先が器用な人の方が活躍しやすいと思います。とはいえ私自身は元々不器用ですので、そんな私でも長年働き続けることで人に教えられるまでの技術は身に付きます。仕事が好きでコツコツと継続できる人が向いていると思います。

​私たちと一緒にはたらきませんか?